EC-CUBE4のCustomizeディレクトリにEntityやRepository、Controllerを自動生成するコマンドを用意する方法

EC-CUBE4のCustomizeディレクトリにEntityやControllerなどを自動生成するコマンドを用意する方法です。

SymfonyにはMakerBundleというEntityやControllerなどの作成を補助してくれるコマンドがあります。

設定すればEC-CUBE4のCustomizeディレクトリにEntityやControllerなどのファイルを出力させることもできるようになります。

設定は簡単。app/config/eccube/pakages/devディレクトリ内に下記のmaker.yamlファイルを設置するだけです。

以上で完成です。

以下のコマンドを実行するとEntityとRepositoryを作成するウィザードが表示されます。

以下のコマンドでコントローラーを自動生成するウィザードが表示されます。

 

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください