【EC-CUBE4】Customize領域に翻訳ファイルを設置して本体やプラグインの翻訳を上書きする方法

EC-CUBE4のCustomize領域に翻訳ファイルを設置して本体やプラグインの翻訳を上書きする方法です。

translation.yamlにパスを追加

以下にあるtranslation.yamlに以下のようにパスを追加して下さい。

app/config/eccube/packages/translation.yaml

これで完了です。

以下のようにmessages.ja.yamlを設置すると本体やプラグインの翻訳を上書きできます。

app/Customize/Resource/local/messages.ja.yaml

プラグインを作りました

本体をアップデートすると上記の設定が更新されてしまうのでプラグインを作ってGitHubに公開しました。

設定ファイルを編集しないでプラグインを利用すれば、本体をアップデートしてもCustomize領域の翻訳ファイルが反映されるようになります。


https://github.com/kurozumi/eccube4-CustomizeTranslator4
0 forks.
0 stars.
0 open issues.
Recent commits:

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください