【Python】pipでmod_wsgiをインストールする方法

CentOS6のyumを使ってmod_wsgiをインストールしたらPython2でインストールされてしまうので、mod_wsgiはpipでインストールしたほうが良いです。

mod_wsgiをインストールする前に以下のように仮想環境を作っておきましょう。

仮想環境が出来たら仮想環境を有効化します。

仮想環境が有効化されたらpipでmod_wsgiをインストールします。

mod_wsgiがインストールできたらmod_wsgi用のApacheの設定ファイルを作成します。

wsgi.confに以下を追加します。

mod_wsgiの共有ライブラリのパスは環境により異なりますので確認してください。

最後にApacheを再起動すれば反映されます。

 

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください